プレイバック-6/13-14内見ツアーin千葉1

https://twitter.com/aoitokyobay/status/1138984541547139072

去る北関東労働力投入祭で緊縛され奉納されたのをきっかけに新潟の洗練された若き投資家・長岡WAY氏が突然マゾに目覚め(笑)私の不動産投資奴隷第一号となってくれるべく必死のパッチで物件を探してくれた。

奴隷候補として名乗りをあげた彼は何とかして私に結果を出し奴隷として認められ、そして洗練された投資家として自分の力を証明したい。私も彼を通じて自らも洗練された投資家に成長していきたいし、彼を立派なマゾ奴隷に仕上げたい。そんな物語が始まった。

この内見の前々日?だったか、突然56万円の激安物件が出てちょっとした話題となった。動いた人はかなり素早く動いたようだった。不動産屋さんは休みだった。

https://twitter.com/aoitokyobay/status/1138385306602729473

とある別な洗練された投資家の方からも連絡が入り、千葉の56万円の物件を狙っているのなら早く動いた方がいい、もうすでに買い付けが数件入っているみたいだから相手が休みでも早く業者にFAXを送れ、と教えていただいた。

私は全てウェイがやっているからわからない、ていうかFAXってなんですか?FAXを送るんですか?と半ば混乱に陥った。その方はウェイさん多分分かってると思うけど連絡しておきます、と親切に言ってくださった。

夜になりウェイと連絡がつき「FAX送ってありますよ^^」と来た。物件を見つけて管理会社が休みだと分かった時点ですでにFAXを送ってあったらしい。

「内見に行く木曜日は朝一で管理会社と連絡を取ります。行けたらなるべく早く見にいきましょう。夜中のうちにそちらに移動しておくことにします。」

早朝には千葉に到着し営業時間が始まるとすぐ連絡を取ったようだったが、すでに買い付けが複数入っていたため内見も取り付けられない状況だった。ウェイは毎朝新着物件をチェックするらしいが、その物件は前日の夜に出たようだった。その夜の時点で勝負が決まっていたということだ。こんな世界で勝負しなければいけないのか?これが不動産投資の世界なのか?と私はドキドキした。

ウェイは、関東は本当に早い、と相当悔しがっていた。

https://twitter.com/aoitokyobay/status/1138962609342861312

他に取り付けてある内見のアポはお昼過ぎなので、悔しいので56万円の物件を見に行きましょう。ということで少し早めに夢の国の麓を出発することになった。

続く。

【登場人物の紹介】
長岡WAY(新潟) Blog:https://plaza.rakuten.co.jp/kenken0424/

8/18札幌にて初セミナー「元サラリーマン大家さんボロ戸建ての伝道師セミナー」
講師:長岡WAY・ルイ53世帯
詳細は健美家のサイトにて
https://www.kenbiya.com/sm/h/hokkaido/t-g/pt-8/dt_33022r8q/